ケーススタディ | CooRE 不動産プラットフォーム

数ある不動産のシステムの中で、何を選択すればよいのか分からない。集客・反響を取ることに重点を置くべきなのか、物件情報管理の工数削減に比重を置くべきなのか、追客サポート機能に価値を置くべきなのか。
その全てを内包したシステムCooREだからできた様々な事例をご紹介いたします。

不動産を探すユーザのWeb上での経路を考えたWebサイト設計(株式会社S様:不動産仲介事業者)

目当ての物件をしっかり調べたいユーザに不親切な現状

まずは下記をご覧ください。ユーザは不動産事業者ではありませんので、REINSを使って非公開物件をいつでも調べられるわけではありません。SUUMOやHome’s等のポータルサイトで公開物件を調べた後は、目的の価格帯、エリア、物件名等で実際にYahoo!やGoogle(どうしたわけか不動産検索ユーザの7割がYahoo!利用者です)で検索を開始します。
検索した際に、オーガニック(SEOの施策対象部分)や広告枠(Yahoo!リスティングやアドワーズ等)で上位表示された会社Webサイトに到達し、その中で再度検索をするわけです。

図:目当ての物件をしっかり調べたいユーザに不親切な現状

一発で会員登録するユーザは少ないという事実

ユーザは何度も検索を重ね、目的の情報に最短で辿り着けた使いやすい会社のWebサイトを大切にします。が、その会社に一発で資料請求や問い合わせ、会員登録といった具体的なアクションを起こすのは稀です。
通常は、その会社が信頼に足る企業なのか、物件の情報の更新頻度は高いのか、情報が詳細まで記載されているのかといった部分を見ながら、社名を覚え、お気に入りに登録する(ブックマーク)などし、何度かの訪問を経た後にアクションにつながります。
ユーザが何度も検索するという不便な障害を取り除き、検索経路を短縮するということと、少ない訪問回数で具体的なアクションに結びつける経路の強化が不動産会社のWebサイトの始めの施策であることが分かります。

検索エンジンへの万全の対応(検索経路の短縮)

SEOやPPC、LPO等検索エンジンへの施策やマーケティング戦術は数多く存在しますが、それらの要点を凝縮した施策を実施することで、検索エンジンから目的のページへの誘導を大幅に改善することが可能となります。

図:検索エンジンへの万全の対応(検索経路の短縮)

リピートユーザへの配慮と強みの露出(具体的なアクション経路の強化)

ストレスを感じやすい検索部分の改良や最もアクションとして身近な非公開物件閲覧のための会員登録への仕掛け、一度訪問したユーザに対して新鮮味を持ってもらうための更新情報の露出、一つ一つの物件に対するこだわり感など、長年のWebマーケティング技術を投入した作りとなっています。

このページの先頭へ
  • CooRE Cloud
  • CooRE Converter
  • CooRE Listing
  • Coming Soon
ケーススタディ

CooREクラウド売買

月額利用料8,000円から!詳しくはサービスサイトで!!
クーバル採用サイト 私たちと一緒に働いてみませんか? 採用サイトはこちらから

サービスについてのお問い合わせ

不動産プラットフォームサービス「CooRE」をはじめとしたお問い合わせはこちらからご相談ください。

メールフォームでのお問い合せ TEL.03-5456-6030(受付時間:平日 10:00 〜18:00 )

事例と共に紹介する用語集

次から次に生まれてくるカタカナ言葉も巷で評判の業界水準も平易な言葉で解説中