Column

星に想いを

昨晩はふたご座流星群をご覧になった方、多かったようですね。
流れ星にお願いを3回という高いハードルを乗り越えた方いらっしゃいますか?

今年は数多くの流星群をはじめ、金環日食や金星の太陽面通過など例年以上に天文現象に注目が集まった年でした。

こうしたイベントは実に多くの派生検索を生みます。

「ふたご座 方角」といった見る気満々のキーワードを利用する方は、着地したページの情報に満足できなかった場合「時間帯」などでさらに検索するかもしれません。
天気や気温、時間帯の問題から「流星群 実況」といったキーワードで、ウェザーニュースをはじめとする動画サイトを巡回する方もいるでしょう。
また1年の振り返りとして、「2012年 天文ショー」と検索したり、「流れ星 願い事」「星座 命名」といった星にまつわるあれこれを調べ始める方も多いでしょう。
検索していく中でSNSやニュースなどで数多く取り上げられた来年アフリカで観測できる金環日食のための取り組みを思い出し「アフリカ 日食グラス」と検索する方もいるかもしれません。

不動産でも使えるヒントがたくさんあるんですよ。

「目黒区五本木の地名の由来」
「志木ニュータウンができる前はどんな街だったのか」
「草加市から都内の主要ターミナル駅までの通勤方法」
「冬の晴れ間にベランダから富士山が見える部屋でお正月を過ごしてみたら素敵かもしれないことについて」

どれもプロである不動産会社から見たら簡単に書けることですよね。写真だって撮れるものが数多くあります。地域の方が喜ぶ内容であることも多いのではないでしょうか。

自分たちがいかに地域のことを知っているのか、物件の楽しみ方を知っているのかをもっとどんどんアピールしていきましょう。
書くことが仕事ではない、書くことのプロではない、そう思った方は今回事例として取り上げた天文ショーのキーワードで検索してみてください。
検索結果に表示されるサイトの多くは星空が大好きな一般の方たちのブログやホームページです。

時間は少しかかりますが、皆様のきらきらした想いは共感してくれたお客様に必ず届くはずです。

※本アーカイブのFacebookはこちらからご覧いただけます。
星に想いを

このページの先頭へ