頭文字:‘は’の用語一覧

ハインリッヒの法則は、1:29:300の法則とも呼ばれ、米国のハインリッヒ氏が労働災害の
発生確率を分析し、導き出したものです。

法則よると、1件の重大災害の裏には29件のかすり傷程度の軽災害があり、その裏にはケガはないが
ひやっとした300件の体験がある、というものです。

この法則は現在ビジネスにおける失敗発生率としても活用されています。
ハインリッヒの法則にのっとれば、例えば1件の大失敗の裏には29件の顧客から寄せられたクレーム
苦情で明らかになった失敗があり、さらにその裏には、300件の社員が「しまった」と思っているが
外部からの苦情がないため見逃されているケース、つまり認識された潜在的失敗が必ず存在する
と考えられます。

同義:1:29:300の法則

Webマーケティングに関するサービス詳細はこちらをご覧ください

このページの先頭へ
Webマーケティング用語集

サービスについてのお問い合わせ

不動産専門サービス「CooRE」をはじめとしたお問い合わせはこちらからご相談ください。

メールフォームでのお問い合せ TEL.03-5456-6030(受付時間:平日 10:00 〜18:00 )