分類:‘webマーケティング’の用語一覧

ゴールページとは、Webサイトの主な目的を達成する完了ページのことです。
例として、ショッピングサイトでの商品購入完了ページや、
コミュニティサイトの会員登録完了ページ等があります。

サンキューページと呼ばれることもあります。

サイトを運営する最大目的のひとつは、
ゴールへの到達であり、ゴールページではないことに注意する必要があります。

Webマーケティングに関するサービス詳細はこちらをご覧ください

CPC

Cost per Click (コスト・パー・クリック)の略で、
1クリックあたりのコスト(クリック単価)のことです。

クリック単価(CPC)=プロモーションコスト/プロモーションで獲得できたクリック数

となります。

CPCは配信規模や掲載方式などによって異なりますが、
概ね数円から数十円程度となっています。

Webマーケティングに関するサービス詳細はこちらをご覧ください

CTR

Click Through Rate(クリック・スルー・レート)の略で、広告がクリックされた(る)割合のことです。

クリック率(CTR) = クリック数/広告が表示された回

となります。

CTRが高いほどユーザは広告に反応しているので、
「効率のいい」あるいは「効果の高い」広告であるといえます。

Webマーケティングに関するサービス詳細はこちらをご覧ください

CVR

Conversion Rate(コンバージョンレート)の略で、
Webサイトの目標に達した数を、目標に達する最初の段階に入った数で割った割合のことです。
コンバージョン率、成約率とも言います。

インターネット広告などを利用した際は、
獲得できたコンバージョン数を、各広告ごとに獲得できたクリック数(ウェブサイトへのアクセス数)で割り、
CVRを算出することで、それぞれの広告のCVRを比較することができます。

Webマーケティングに関するサービス詳細はこちらをご覧ください

CPA

Cost per Acquisition(コスト・パー・アクイジション)の略で、
顧客一人を獲得するために要するコストのことです。

顧客獲得単価(CPA)=プロモーションコスト/新規獲得顧客数

となります。

従来からのマーケティング戦略に対してコストを数値化しやすく、
Webマーケティングの観点から注目を集めている考え方です。

基本的にはターゲットを絞った効果的マーケティングを行うことで、
少ない顧客獲得単価を実現することが重要となります。

Webマーケティングに関するサービス詳細はこちらをご覧ください

アドワーズとは、検索エンジンGoogle が提供するPPC型の広告サービスです。
広告主が自社のWebサイトに関連するキーワードを購入することにより、 Google
サイト利用者が検索をする際にサイトの広告が検索結果画面の右サイド、上部に表示
されるようになるシステムです。また、Google AdSenseに契約したWebページのうち
キーワードに近い内容のWebページ上に広告を表示させることもできます。

アドワーズ広告は検索された単語とWebページの内容と広告を連動させることで
利用者の興味のある分野の広告を効果的に表示することができ、高い広告効果を
得ることができます。Google AdWordsに対する課金は、利用者のクリック回数に
応じて金額が決定されます。またある地域からのアクセスに対してだけ特定のWeb
広告を表示するといった設定も行うこともできます。

同義:AdWords
関連:PPC, リスティング広告

■関連サービスページ:SEO・PPC・SEMに関するサービス詳細はこちらをご覧ください

ハインリッヒの法則は、1:29:300の法則とも呼ばれ、米国のハインリッヒ氏が労働災害の
発生確率を分析し、導き出したものです。

法則よると、1件の重大災害の裏には29件のかすり傷程度の軽災害があり、その裏にはケガはないが
ひやっとした300件の体験がある、というものです。

この法則は現在ビジネスにおける失敗発生率としても活用されています。
ハインリッヒの法則にのっとれば、例えば1件の大失敗の裏には29件の顧客から寄せられたクレーム
苦情で明らかになった失敗があり、さらにその裏には、300件の社員が「しまった」と思っているが
外部からの苦情がないため見逃されているケース、つまり認識された潜在的失敗が必ず存在する
と考えられます。

同義:1:29:300の法則

Webマーケティングに関するサービス詳細はこちらをご覧ください

AISAS(アイサス)とは、Attention(注意・注目)→Interest(関心)→Search(検索)
→Action(行動・購入)→Share(情報を共有する)の頭文字を取ったもので、消費者が
ものを買うなどの「消費行動」のプロセスを記しています。

今日AISASはこれまで主流であった「AIDMA」に代わって主流と成りつつあります。

AIDMAと比較し、AISASには購買に際して吟味・考量するためのMemory(記憶)の機会が
ありません。代わってSearch(検索)とShare(情報を共有する)が購入決定の要因として
重要視されており特にeコマースに特徴的なプロセスが反映されています。

関連:AIDMA, AISCEAS, AIDCA, eコマース

Webマーケティングに関するサービス詳細はこちらをご覧ください

AISCEAS(アイシーズ)とは、AISAS(アイサス)を補完するもので
アンヴィコミュニケーションズ(企業)が提唱した仮説です。

従来のAISAS(アイサス)の法則に加え、Search(検索)のプロセスの後に
Comparison(比較)とExamination(検討)のプロセスを加え
Attention(注目)→ Interest(関心)→ Search(検索)→ Comparison(比較)
→ Examination(検討)→ Action(行動・購入)→ Share(共有) としています。

関連:AISAS, AIDMA, AIDCA

Webマーケティングに関するサービス詳細はこちらをご覧ください

AIDCA (アイドカ)とは、Attention(注意・注目)→Interest(興味)
→Desire(欲求)→Conviction(確信)→Action(行動・購入)の頭文字を取ったもので
消費者がものを買うなどの「消費行動」のプロセスを記しています。

またAIDMAと比較し、Memory(記憶)がConviction(確信)に置き換えられています。
これは近年インターネットで商品やサービスの比較をし、また使った人たちの評判を調べる
ことで確信を高め購買しやすくなるというeコマースに特徴的なプロセスが反映されています。

関連:AIDMA, AISAS, AISCEAS, eコマース

Webマーケティングに関するサービス詳細はこちらをご覧ください

このページの先頭へ
Webマーケティング用語集

サービスについてのお問い合わせ

不動産専門サービス「CooRE」をはじめとしたお問い合わせはこちらからご相談ください。

メールフォームでのお問い合せ TEL.03-5456-6030(受付時間:平日 10:00 〜18:00 )